第5回高浜水産業振興協議会

第5回高浜水産業振興協議会を開催しました。

平成25年2月12日

第5回協議会では、事前に行った高浜漁港の再編整備計画ワークショップで出された意見のとりまとめ結果について事務局から報告がありました。具体的には、事代地区または塩土地区に陸揚げ(市場)機能を集約した場合のメリット・デメリットや、今後、整備計画を進めていくうえで検討が必要となる事項を再確認しました。結果、課題はまだ残るものの概ね塩土案に多くの可能性を感じる意見が多く聞かれました。
また、1月に先進地視察した山口県の萩市場(衛生管理型合併漁協市市場)と近接する6次産業型直販施設「萩しーまーと」(以上、萩市)、唐戸市場(下関市)の視察の感想などが事務局及び参加者から報告されました。視察参加者からは、魚の売り方、宣伝方法、集客アイデアなど、収穫の多い有意義な視察会になったとの意見が多数寄せられ、将来的な高浜漁港を舞台とした水産を核とした6次産業振興のたくさんのヒントが得られました。
事務局では、年度末の第6回協議会を、高浜漁港周辺の地元住民の意見聴取を踏まえた、地域活性化の取り組みとそれを踏まえた高浜漁港再編整備の基本方針のとりまとめの第一段階と位置付けて作業を進めていきます。